© 2016 by Ryushikai Karate Dojo Okinawa, all rights reserved

1942年4月5日、第2次世界大戦中に新潟聖福は生まれました。

 

 

ニッタ・セフキュは1955年に13歳で武道訓練を始めました。彼の最初のインストラクターはニッタ・コタロでした。彼のニックネームは「チャタン・チスター」でした。トレーニング方法は非常に難しく、夜間は長時間を要しました。彼は18歳で5年間のトレーニングの後に彼の第3九を受賞しました。

1960年、18歳で小林龍頭堂の勉強を始めた。小林隆教諭の先生は伊佐嘉義でした。ハンシタ・ニッタは、10年にわたり、少林寺龍頭館と空手道でヨンダンの階級を達成するために、マスターカイユの指導の下で訓練を受けました。

1970年、28歳で、新葉清は、ホーホン響と六進史の下で松林流松村禮子の訓練を開始し、六段の階級に達しました。 1978年に初級インストラクターがKise Fuseiになり、後にShorin Ryu Kenshinkan KarateとKobudoというスタイルになりました。

1982年、40歳で新田志福は、少林流生徒会館の清明トマの生徒になりました。彼は10年間グランドマスター精霊のもとで学び、1992年には沖縄少林寺龍と空手道教会を創設してユダヤ人を授与されました。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now