© 2016 by Ryushikai Karate Dojo Okinawa, all rights reserved

ドナルド

上級顧問-アメリカ

第9回ダン・ケンサー・ドゥー・カイ

8度 柔術アイルランド

ディケ氏の武道の研究は、1967年に柔道ミヨン・R・スミスの元でタイのウドーンRTAFBで始まりました。その後、多くの師匠のもとでいくつかの芸術を学びました。彼はHanshi Phillip Koeppleの道場で学生として20歳を過ごし、15年間すべての武器授業を教えました。

 

ダイク氏は、過去5年間、コブド昇進委員会の常任理事2人のうちの一人でした。 この間、彼はハンシ・ケネス・L・ペンランドの学生でした。 1990年に小豆島の小学校に昇進し、先生の湯田裕一、フィリップ・ケーペル、ケン・ペンランドからの証書を受け取った。 ダイク氏はハンシ・ダグラス・グロースの生徒である先生アラン・クロマーのもとで柔術練習を始め、彼のもとでサンダンに昇進した。彼はAJKAの生命メンバーでもあります。ダイク氏は、2004年に小林龍主義のハンシ・ペインランドの下で7階ダンス階級を習った。

 

彼は現在、柔術のアイルランドのカンチョ・ジョニー・ルプトンの学生で、5階の階級をアカルイ - カン・ジウジツ。 ディーク氏はISKKFの生命メンバーであり、2004年には松村正人流の第7師団に昇進し、2006年にはハンシ・ペインランドが死去する前にコブードで第7ダンに昇格しました。 ダイク氏は、先生の草田、小田、長嶺孝行、先生のキモワール、ロンリンゼイ、ジョー​​ジ・ディルマン、ジョージ・アレクサンダーなど、数多くの偉大な空手隊がセミナーに参加できたことで非常に幸運に感じています。彼はこれらの偉大な巨匠から学ぶ機会に恵まれています。これは彼が続行することを望むプロセスです。

 

2008年6月、ノースカロライナ州ジャクソンビルのUMAAサマーキャンプで、DikeはShilin Ryu Karate&Kobudoの沖縄グランドマスター大田壮文によって、Kysohi TitleとHachidan(8th Black Belt)を受賞しました。 ダイク氏はUMAAの生涯会員であり、ユニバーサル格闘技協会の高渕奨学生特別顧問を務めています。彼は沖縄工兵隊のインストラクターを募集しており、年間を通じて小仏と空手のセミナーに参加しています。 彼は2008年UMAAサマーキャンプのKobudoインストラクターとしてKuda Nitan Boを教えます。 ベルトのグレードと認定:

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now